FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨルダン旅行 3日目

この日は終日ぺトラ遺跡へ。入場料は一人50ディナールでおよそ5000円。(1ディナール=100円で計算)意外と高いです。これはツアーに含まれていなかったので自分たちで支払ました。ランチはツアーに含まれていて入口でバウチャーはドライバーさんから渡されました。

ぺトラ遺跡は1985年にヨルダンで初、世界遺産に登録された巨大な遺跡群です。チケット売り場から、てくてく歩き山を越えて一番奥にあるエド・ディルという修道院跡まで、片道およそ5.5kmぐらいあります。平坦な道もありますが、基本山を越えていくので、かなりきついです。

メインゲートを入ってすぐはこのような平坦な道。
太陽は照っていますが、砂漠の朝は冷え込んでいて肌寒いです。
IMG_7234.jpg

少し歩くと大きな岩盤の壁の隙間を通り抜ける道へ。これが圧巻。崖の高さは60mから100mぐらいあるそうです。日陰は寒かったです。
IMG_7244.jpg

岩盤の隙間を通りぬける道を歩いて約20分ほどで、突然エル・ハズネという法仏殿が現れます。近づくにつれて徐々にはっきり見えてくる過程が、わくわくしました。
RIMG4422.jpg

エル・ハズネ
崖を削って彫刻を施した霊廟。ぺトラの中でここが一番有名で、映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」の撮影舞台となったところ。
IMG_7250.jpg

エル・ハズネからさらに奥に歩くまで、とにかく勧誘の嵐。「ラクダに乗らないか?」、「ロバに乗らないか?」、「一番奥の修道院まで歩いていったら1時間、ロバで行ったら20分。」、「ロバはぺトラのタクシーだよ。」などなど。歩くからと言って全部断りましたが、山道を上がるので結構きつい道でした。足に自信がない人はロバに乗ったほうがいいです。ロバは砂漠遊牧民ベドウィンの家畜のようです。3歳ぐらいの小さい男の子がロバを乗り回しているのをみて驚きました。
IMG_7252_20120123192734.jpg

このあたりの岩盤にはカラフルな縞模様の地層が描かれています。
IMG_7255.jpg

振り返れば序盤のほうの平坦な道は楽でした。最後はずっと山の間の階段を上り続けます。
IMG_7263_20120123193005.jpg

最後にたどりついたところはエド・ディルという修道院跡。1世紀中ごろに建てられたらしいので、かれこれ2000年近く前のもの。ここに到着したのがお昼12時過ぎ。さすがにここに上がっている途中で太陽もかなり上がり、気温も上がってきて少し暑くなりました。夏場だったら本当に苛酷だったでしょう。
IMG_7275.jpg

修道院跡の向かいの山の途中まで登ってみました。そこから見ると大きく見えたエド・ディルも山に埋もれて見えます。
IMG_7281_20120123200213.jpg

このぺトラの中で暮らす遊牧民ベドウィン達のお店。ターコイズやさまざまな石でできたネックレスなどが1個1ディナール(約110円程度)で売っていて安い。。。街中のお店のものと同じようなものなので、お土産が必要であれば買ってあげてもいいかとは思ったのですが、結局何も買わず。
IMG_7283.jpg

ぺトラの中にベドウィンが営むカフェなどもありますが、Crown Plazaが運営するBasinというレストランもありました。ランチのバウチャーはBasinだったので、私たちはここで食べましたが、ブッフェスタイルで清潔でそれなりでした。もちろんベドウィンが営むカフェよりもお値段は数段高いですが。

ホテルに着いたのは日没後。日が沈むととたんに気温が冷え込み、ジャケット&マフラーをするほど寒くなります。
IMG_7294.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けこ

Author:けこ
10数年の東京での社会人生活の後、旦那さんの転勤で2009年3月~2011年1月までニューヨーク、2011年1月から今度はロンドンに住むことになりました。NYで始めたブログをそのまま引き継いで、今度はロンドンでの生活を、個人的な視点で書き綴ります。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。