FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨルダン旅行 2日目

朝8時にアンマンのホテルを出発。この日の予定はマダバ→死海→ぺトラ遺跡で、距離にして200km以上を1日で移動しました。

まずはマダバ近郊のネボ山へ。旧約聖書の中に「モーゼが神の命令によって奴隷状態のヘブライ人をエジプトから連れ出す使命を受け、エジプトから民を率いて脱出した。」と伝えらえている。その途中のしない山で有名な「十戒」を授かったあとたどり着いたのが、このネボ山だそうだ。ヘブライ人はそのままパレスチナへ向かったが、モーゼはこの地で世を去ったといわれているそう。

ネボ山からの風景。
IMG_7163.jpg

ネボ山からベツレヘムまで西へ50km。新約聖書の中では、ベツレヘムはキリストの誕生の地とされている。パレスチナ高原にはガスがかかっていることが多いそうなのだが、この日も例にもれず。
IMG_7169_20120121014308.jpg

マダバ市内に戻り聖ジョージ教会へ。ここは床に6世紀のパレスチナの地図がモザイクで描かれていることで有名な教会。ヨーロッパのカトリック教会と違って、意外にもカラフルな色彩で素朴な人物像が描かれている絵が多い。砂漠に囲まれた土地で、茶色の岩が基盤になっている街並みと対照的で、入った瞬間とてもカラフルな色彩に驚きました。
IMG_7181.jpg

1500年以上も前のモザイク画。ナイル川は死海がちゃんと描かれているらしい。
IMG_7175.jpg

ドライバーさんが聖ジョージ教会近くの地元の人でにぎわうファラフェル屋へ連れていってくれました。
IMG_7185_20120121020745.jpg

10代にしか見えないこの男の子が、素晴らしい手つきで一口大のファラフェルを油の中へ。かりっとしててなかなか美味しかったです!
IMG_7187.jpg

ヨルダンに行ったらここは逃せない!死海の浮遊体験。海水の塩分濃度が約3%であるのに対し死海は約30%の濃度で、魚などの生息は不可能とされている湖。なんでこんなに塩分濃度が高いのかというと、この湖の水源はヨルダン川しかなく、入ってくる水源の量があまりに少ないにも関わらず年間通して平均気温が高いため、水の蒸発が水分供給を上回る状態が永続的に続き、高い塩分濃度になったんだそう。
RIMG4362.jpg

水際のビーチは塩かたまりで真っ白になっています。すごーい。
RIMG4374.jpg

ヨルダンの旅行の中で一番楽しかったこの浮遊体験!!ぷか~っと本当に浮くのです。ただ、切り傷とかあるとちょっと滲みます。私は潜りはしなかったけど、潜るのであればゴーグルが絶対に必要です。
RIMG4393-1.jpg

ちなみに私たちが行ったところは、公共のビーチで「アンマン・ビーチ」というところ。このビーチに入場するのは有料ですがツアーには含まれていました。男女別のトイレやシャワー室、着替える場所などありますが、バスタオルとロッカーを使うのは追加でお金を払います。たしか一人10ディナールで、使ったバスタオルとロッカーの鍵を返せば7ディナールのデポジットが返金される仕組み。荷物の盗難などの心配をしなくてすむので、お金を払ってでもロッカーを借りたほうがいいと思います。ただし、シャワーはお湯が出ませんでした。塩で気持ち悪かったけど、ざっと冷たい水で流して洋服に着替えちゃいました。

死海ではホテルには泊まりませんでしたが、この数時間の浮遊体験だけでもとても楽しかったです。

その後、ヨルダンをさらに南下してぺトラ遺跡に向かいました。途中でベドウィンという砂漠遊牧民のカフェで休憩。そこで頂いたのがアラビック・コーヒー。カルダモンのスパイスが入っていて独特の匂いがします。砂糖はお好みでBig? or Small?と聞かれました。飲み終わってカップの底にはコーヒー粉がずっしり沈んでいました。乾燥している砂漠だからか、とても美味しかった。
IMG_7222.jpg

ぺトラの街について途中でお店に立ち寄りました。マダバから死海へ向かう途中でもお土産のお店にトイレ休憩と称してお店に寄ったのですが、ドライバーさんとお店の人は友達で、ここでちょっとしたお土産を買ってもらう仕組みになっています。まあ、せっかく来たのだからということで、砂漠で必要になるといわれた頭に巻くスカーフを買いましたが、団体ツアーではないとはいえ、お土産屋に立ち寄ることがあるのでお気をつけください。

宿泊先は、タイベット・ザマン・ホテル(Taybet Zaman Hotel and Resort)というところで5つ星。ここは古い石造りの住居をコテージ風に改装して作ったホテルです。5つ星だったけど、部屋に落ち着くまで大変でした。1つ目の部屋は暖房がつかない、2つ目の代わりの部屋は暖房はついたけど、バスルームで水漏れしてて床が水浸し、3つ目の部屋で落ち着きましたが、レセプションからも遠い部屋で、あまり宿泊客を泊めていないお部屋なのか、蛇口から錆みたいなのがずっと流れ出てきました。いくら水を流しても変わらなかったので、歯磨きするときはいったんコップに水をためて、錆が沈んでから上澄みでうがいするようにしていました。ここで2泊する予定だったのですが、次の日は部屋をレセプション近くの便利な場所に変更してくれたので、一安心でしたが。5つ星とはいえ、ヨーロッパとは基準が違うんだなと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

anemoneちゃんへ

体重に関係なく、めっちゃ浮きます。
浮きすぎて頭から水に突っ込みそうになるほどよ!
今回の旅行で一番楽しかったかも!!笑

No title

めっちゃ、浮いてるね~!
楽しそう!!
プロフィール

けこ

Author:けこ
10数年の東京での社会人生活の後、旦那さんの転勤で2009年3月~2011年1月までニューヨーク、2011年1月から今度はロンドンに住むことになりました。NYで始めたブログをそのまま引き継いで、今度はロンドンでの生活を、個人的な視点で書き綴ります。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。